バレンタインプレゼントに

2月14日は、バレンタインデー。

世界各地で「恋人たちの日」として祝われており、日本でもチョコレートを贈る日として知られ、毎年テレビ番組やニュースサイトでも取り上げられ話題になっています。

そこで今回は、バレンタインがどのように日本に浸透していったのか調べてみました。

1.バレンタインデー文化の登場

日本に初めて「バレンタイン」の名が登場したのは第二次世界大戦後まもない1956年頃にバレンタイン文化を日本に取り入れて販売促進を行うという試みでバレンタインセールの広告が新聞に掲載され始めたのがきっかけだそうで、1970年代に現在のように「女性が好きな男性に気持ちを伝える」ということが定着したと言われています。

国によって細かな違いがあるものの、諸外国では男性から女性にプレゼントを贈るケースも多く見られ、プレゼントを貰った男性が女性にプレゼントを返す「ホワイトデー」も日本発祥の分化でアジア圏の一部にしかありません。

2.日本のバレンタイン

バレンタインが日本に伝わり始めた頃はチョコレートが定番の贈り物だったというわけではなく化粧品や衣服等もプレゼントの対象となっていたようで、女性から男性への贈り物をするという風習は無く、恋人だけではなく家族や友人間でのプレゼント交換が勧められていたそうです。

今ではチョコレートを贈る文化が浸透し、友人にあげる「友チョコ」や男性から女性に贈る「逆チョコ」なども存在します。

実はバレンタインデーにチョコレートの贈り物が定番なのは日本独自の文化で、海外でもチョコレートを贈るケースはありますが、メッセージカードや花束等思い思いのプレゼントを恋人や家族、友人に贈ります。

3.バレンタインで贈るプレゼント

バレンタインプレゼントといえばチョコレートが定番ですが「甘い物が苦手・・・」「チョコ以外のプレゼントをプラスして喜ばれたい」など何を贈ればいいのかお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、ビジネスグッズや日用品等のすぐに使える実用的なアイテムです。

親しい間柄の人には靴下や下着などの消耗品も喜ばれるのではないでしょうか。

チョコ以外のプレゼントを選ぶ際は、相手の好みに合ったものを贈るのがベストです。

事前に相手の好みをリサーチしておくと失敗が少ないですね。 

4.まとめ

2月14日のバレンタインデーはもはや日本の恒例行事とも言えます。

実用的で何枚あっても困らない肌着はバレンタインプレゼントにもオススメです。

ちなみに、2月14日は「ふんどしの日」でもあることはご存知でしょうか?

この「ふんどしの日」は日本記念日協会にて正式に認定された記念日なんですよ。

贈る際には種類や素材、サイズ、機能性にもこだわった「ふんどしパンツ」をチョイスすると快適に穿いてもらえるかもしれませんね。

 

いいね!フォローをお願いします!!

投稿者プロフィール

しらき
しらき
趣味:Netflixで韓国ドラマを見るのにはまっています。
オススメのドラマがあれば教えてください!
今は「イカゲーム」を視聴中!