梅雨時期に知っておきたい 洗濯・部屋干しのポイント~洗濯篇

気象台から近畿地方、東海地方が梅雨入りしたとみられると発表がありました。

当社のある東海地方は、統計史上2番目に早い梅雨入りとなるそうです。

実は今回のタイトルは当初「梅雨入り前に知っておきたい~」にする予定だったのですが、急遽予定変更です。

ちなみに、梅雨とは春から夏に移行する過程でその前後の時期と比べて雨が多くなり日照が少なくなる季節現象を指し、梅雨の入り明けには平均的に5日間程度の移り変わりの期間があるとのこと。

気象庁が出した梅雨入りと梅雨明けの確定値は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。

気象庁では、気象予測をもとに行う梅雨の入り明けの速報とは別に、梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、検討の結果、統計値として確定するそうです。

それでは本題へ。

なかなか外干しができず洗濯物の渇きも遅い梅雨時期に知っておきたい 洗濯・部屋干しのポイントをまとめます。

まずは洗濯の際のポイントです。

洗濯

ランドリーボックスを使う

脱いだ衣類をそのまま洗濯機に放り込んではいませんか?

一日着用した衣類、使用済みのタオルなどは、皮脂や汚れがたくさん付着しています。

そのような状態のまま湿度の多い洗濯機の中で放置すると、汚れは酸化し、雑菌が繁殖し、ニオイの原因を生むことになります。

洗濯を始めるまでは洗濯物は通気性のあるランドリーボックスへ、また、明らかに濡れているものは乾かしてから入れるなどすると良いです。

こまめに洗う

晴れの日を待っていては、洗濯物がどんどん溜まってしまいます。

先延ばしにした上に結局部屋干しにせざるを得ない状況になると干す場所にも困り、早く乾かすこともできなくなります。

また、洗濯機の定められた量以上のものを洗濯しても汚れはきれいに落ちません。

例え朝外干しできたとしても、天候が変わりやすい梅雨の時期は外出している間に雨が降り出すこともあるでしょう。

そうなってしまっては二度手間になりますので、こまめに洗うようにしましょう。

洗濯機をきれいに保つ

汚れているのは洗濯物だけではありません。

じつは洗濯機の中も衣類の生地やポケットの中から出るゴミ、洗剤のカスやカビなどで汚れています。

洗濯後は湿気が中でこもってしまわないように洗濯槽のフタを開けておき、乾燥させるようにします。

今は洗濯槽用の洗剤も販売されていますので、定期的に使用して、きれいな状態を保ちましょう。

部屋干し用洗剤を使う

部屋干し用の洗剤は各メーカーからいろいろ発売されています。

洗浄力が強い弱アルカリ性・漂白剤入りなど洗浄力や除菌力を高めて、雑菌を繁殖しにくくしていますので、ニオイが気になる方は部屋干し洗剤を使うとよいでしょう。

ただし、漂白剤が使われていることも多いので、色落ちしやすい衣類を洗濯する場合は事前によく確認が必要です。

洗濯後はすぐに干す

洗濯が終わったあと、干さずに生乾きの状態が続いていると、洗濯物に付いた雑菌が増殖し、臭いが発生しやすくなります。

洗濯物が濡れていると部屋の臭いも移りやすくなるため、洗い終わったら時間を開けずにすぐに乾かすことが重要です。

どうしてもすぐに干せない状況が予めわかっている場合は、脱水前のすすぎの段階で一旦中断することも方法のひとつですが、長時間水に使った状態は色移りやゴムの劣化などの心配もあるので気を付けましょう。

まとめ

今回は梅雨時期に知っておきたい洗濯のポイントをまとめてみました。

洗う前から気を付けておきたいこともありますので、ご家族で協力しながら効果的に洗濯できるといいですね。

次回は干し方のポイントです。

*
*
*
*
*
*
*
ふんどしパンツは取扱店舗または通販サイトからお買い求めいただけます。

・取扱店舗を探す→取扱店舗一覧

・通販サイトを探す→通販サイト一覧

ご不明な点がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

いいね!フォローをお願いします!!

投稿者プロフィール

たけむら
たけむら
メガネ屋でもありパンツ屋でもあり・・・。
SS級認定眼鏡士として、「メガネプラザ」「グラスヒュッテ」というメガネ屋の売場にも立ってます。
只今肉体改造計画中。痩せてく一方の体を健康的に大きくする良い方法があれば是非教えてください!