もうすぐ敬老の日です~プレゼントの準備はお早めに~

今回のテーマは「敬老の日」。

そうです、もうすぐ敬老の日ですね。

我が家で父母にプレゼントを贈り始めたのはいつからだったか思い出せませんが、いつの間にか毎年欠かせないイベントになりました。

その由来など案外知らずに過ごしてきましたので、今年は事前にしっかり歴史をかみしめてから当日に臨みたいと思います。

2020年の「敬老の日」はいつ?

2020年の敬老の日は、ズバリ!9月21日(月)です。

毎年9月の第3月曜日が敬老の日として定められており、日本の国民の祝日の一つとなっています。

2002年までは毎年9月15日が敬老の日とされていましたが、2001年の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴い、2003年から上記のような規定に変更されました。

敬老の日の趣旨

国民の祝日に関する法律によると、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。

敬老の日の起源

1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)で、当時の村長・門脇政夫が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」という趣旨で、村主催で開催された「敬老会」が始まりとされています。

「敬老の日発祥の地」石碑

(写真:発祥の地に建てられてる石碑/多可町役場HPより)

この敬老会で9月15日を村の祝日「としよりの日」にすることを提唱しスタートしたものが兵庫県全体へ、さらに全国的なものへと広がっていきました。

1963年老人福祉法で「老人の日」として定められ、1966年には国民の祝日「敬老の日」となりました。

「としよりの日」→「老人の日」→「敬老の日」と変遷していったんですね。

祝われる方としては「としより」「老人」より「敬老」の方が響きもよく受け入れやすい気がします。

いつからが対象となるのか?

特に誰から誰を祝うということが決まっているわけではありませんし、「年長者を敬い長寿を願う」という趣旨からして何歳からでも問題ないようにも思います。

国連の世界保健機関(WHO)の定義では65歳以上の人のことを高齢者としていますので(参照:厚生労働省e-ヘルスネット)、そこを目安にしてもよいかもしれません。

イメージとしては「孫から祖父母へ」というのが一般的なところではないでしょうか。

ふんどしパンツをギフトとして選ぶなら・・・

贈り物としては「花」「スウィーツ」「ファッション小物」「お酒」「健康グッズ」などなど様々なものが思い浮かびますが、ふんどしパンツをギフトとして選ぶのであれば、「ボクサータイプ」がおすすめ。

肌触りのよさを重視した綿素材のアイテムはどなたにも喜ばれることでしょう。

サイズについてはご年配の方ほどゆったりと着用されたい傾向がありますので、普段使用しているものよりワンサイズ上をお選びいただくほうが良いかもしれません。

まとめ

最高のプレゼントは「一緒に過ごす時間」を設けることかもしれませんが、このご時世ではなかなか判断にも迷うところです。

残念ながら私の実家はそうではありませんが、ネット環境が整っているご家庭であればオンラインで出来ることをいろいろと企画するのも楽しそうですね。

祖父母や両親へはどれだけ感謝してもし過ぎることはありません。

皆さまもぜひ素敵なお時間をお過ごしくださいませ。

 

※ふんどしパンツボクサータイプは下記取扱店、通販サイトでお買い求めいただけます。

■ふんどしパンツ取扱店リストはこちら
 (店舗によって在庫状況が異なりますので、事前にお問い合わせいただくとスムーズです)

■通販サイト

・アマゾンはこちら

・YAHOO!ショッピングはこちら

・SUBROSA(サブローザ)公式通販サイトはこちら

産経netshop〈サンケイ ネットショップ〉はこちら

いいね!フォローをお願いします!!

投稿者プロフィール

たけむら
たけむら
メガネ屋でもありパンツ屋でもあり・・・。
SS級認定眼鏡士として、「メガネプラザ」「グラスヒュッテ」というメガネ屋の売場にも立ってます。
只今肉体改造計画中。痩せてく一方の体を健康的に大きくする良い方法があれば是非教えてください!