ボクサーパンツの干し方

ボクサーパンツの『洗濯方法について』は以前ご紹介させていただきました。

今回は洗濯後の干し方についてもう少し詳しくご案内します。

洗ったらすぐに干す

濡れたままの時間が長いと色移りやシワの原因にもなりますので、洗濯が終わったらすぐに干しましょう。

形を整えて、風通しのよいところで干しましょう。

ポリウレタンなども日光に弱いため、風通しの良い日陰=陰干しが基本です。

綿素材は日光に当てた方がよいですが、生地が日焼けしてしまわないように注意してくださいね。

ゴムは上にして干す

はき口のゴムのところを洗濯バサミで留めて干すのがおすすめです。

洗濯物の水分は下へ下へと下がっていきます。ゴムは水気にも弱いので、ゴムを下に干してしまうと伸びてしまう可能性があります。

はき口を上に干すようにすると長持ちします。

その観点から、竿に通して干すのもゴムの一部分が下側に来るためあまりおすすめできません。

スペースに余裕があるならピンチハンガーで筒状になるように留めると風の通りが増し乾きも早くなりますので、良いですね。

ゴムは伸ばさないように干す

ハンガーを使用する場合はゴムや生地がピンと張りつめた状態にならないようサイズに注意してください。

密集させない

洗濯物は空気がうまくあたることで乾きが早くなります。

干すものが多い場合は、他の洗濯物と密集させず間隔を開けるか、長さが変わるようにずらして干しましょう。

洗濯物を物干し竿に並べるときは真ん中に丈の短いものを配置すると、内側にもしっかり風が通るようになるそうです。

最後に

いかがでしたか?

今回は干し方についてご紹介しましたが、湿ったまま取り込んでしまうとカビや変色の原因となりますので、干した下着は完全に乾ききってからしまいましょう。

ボクサーパンツのたたみ方についてはこちら(『ボクサーパンツのたたみ方』)をご覧ください。

一度着た肌着は糸を十分に回復させるためにも何日か休ませると良いそうです。

お気に入りの肌着を毎日のように着るよりも、ローテーションさせることによって長持ちします。

そのためにも、1週間着まわせるぐらいの数があるといいですね。

いいね!フォローをお願いします!!

投稿者プロフィール

ふんどしパンツ
ふんどしパンツ
メガネ屋でもありパンツ屋でもあり・・・。
SS級認定眼鏡士として、時々「メガネプラザ」「グラスヒュッテ」というメガネ屋の売場にも立ってます。