ニュース・リリース~「和紙+ふんどしぱんつ」ジェイアール名古屋タカシマヤにて限定発売~

株式会社東和工業は、特許登録済・男性用下着「ふんどしぱんつ」の新ラインナップとして和紙糸を使ったボクサーパンツを開発し、ジェイアール名古屋タカシマヤ限定で9月16日(日)から発売開始予定。

「和紙+ふんどしぱんつ」は「褌(ふんどし)」と「和紙」を組み合わせ、より「ジャポニズム」を意識したものというのみならず、和紙布ならではの軽さと快適性を感じていただけるボクサーパンツに仕上がりました。

■開発の背景

これまでの男性下着ではどうしようもなかった悩み=局部の「接触によるベタつき・張りつき・蒸れ」から男性を開放すべく、日本で古くから愛用されていた「ふんどし」のメリットを取り込んだ特許構造を備えた「ふんどしぱんつ」を製品化しましたが、今回、和紙糸の非常に軽く吸湿/放湿性・通気性に優れているという特徴が下着素材としての活用にも大きなメリットがあること、和紙自体は「自然の中から作られ、自然に戻り、再利用できる」循環型のエコ素材であることに着目。

日本の気候に非常に適しているふんどし・和紙を掛け合わせることで生まれた独特のはき心地をぜひご体感ください。

■3つの特長

  1. 特許構造から得られる爽快感

ふんどしぱんつ独自の特許構造により接触による不快感から開放され、大切な部分は風通しが良く、あせもや高温多湿を好む白癬菌対策、体温よりやや低めの温度が良いとされる精巣にとって良い環境を保てることが期待できます。

  1. これまでのボクサーパンツにはなかった新素材

和紙の長所を損なうことなく、アンダーウェアとしての耐久性を保持できる混合糸を使った生地を使用。和紙糸もふんどしと同じく古くから使われていましたが、現在の衣料用に要求される耐候性などを付与され、第3の繊維として今注目の素材でもあります。

 

  1. さらっ、シャリっとした心地よい肌触りと穿き心地

麻糸と同様な清涼感があるうえに軽く伸縮にも優れており、非常に心地よい肌触りと穿き心地です。また、着用した際に生地の目が適度に広がるため、一層涼しく感じます。

 

■商品の概要

名称 : 和紙+ふんどしぱんつ

発売開始予定 : 2018年9月16日(日)

希望小売価格 : 15,000円(税別)

組成 : 本体/分類外繊維(和紙)54%、綿31%、ナイロン12%、ポリウレタン3%

ウェストゴム/ポリエステル85%、ポリウレタン15%

サイズ : ウエスト M/76~84cm、L/84~94cm、LL/94~104cm

■取扱店

実店舗:ジェイアール名古屋タカシマヤ限定販売

和紙+ふんどしぱんつ

 

投稿者プロフィール

ふんどしパンツ
ふんどしパンツ
メガネ屋でもありパンツ屋でもあり・・・。
SS級認定眼鏡士として、時々「メガネプラザ」「グラスヒュッテ」というメガネ屋の売場にも立ってます。