来年の色はビジョナリーミント!

一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA、所在地:東京都千代田区、理事長:中藤 正哉)は、2017年11月16日(木)“いい色”の日に、2017年・2018年を象徴する色を発表しました。

単に流行した色、あるいは流行する色という意味ではなく、その時代のムードを象徴するさまざまなキーワードを包含した、その年の「テーマカラー」と言えるものです。

今年の色は?

ちなみに今年の色はなんだったのかというと、「リーディングレッド(Leading Red)」。

2017年は、ファッションやプロダクトで鮮やかな赤が注目され、JAFCAでは2016年に「2017年の色」として、「リーディングレッド」と名付けたビビッドレッドを選定しましたが、一年を振り返り、改めて2017年を象徴する色として、この色を選んだとのことです。

キーワードは3つ。<殻をやぶる、考えを表明する><華やかさ、楽しさ><人間らしさ>

<殻をやぶる、考えを表明する>

2017年、政治や社会の中で、これまでの殻を破ろうとする様々な動きが起こりました。混迷する時代に風穴を開けるために必要なのは「忖度」ではなく、はっきりと考えを表明すること。前向きなエネルギーを感じさせるリーディングレッドは明快な意見表明を象徴しています。

<華やかさ、楽しさ>

2017年春夏、それまでしばらく続いていたベージュやグレーなどのベーシックカラー中心のファッションに決別するかのように鮮やかな色が街を彩り、同じ形、同じ素材でも「赤」にするだけで、まるで別のデザインのように印象が一変します。
「赤」が持つ華やかさ、楽しさといったパワーが再認識された年とも言えます。

<人間らしさ>

AIやVRなどの科学技術が進化し、外出しながら家の中にある家電が操作できるなど、かつて夢見ていた未来が現実となり、「では人間とは何だろう」と考えさせられる機会が増えています。
赤は、私たち人間の生き生きとした生命力を感じさせる色でもあります。

来年の色はビジョナリーミント

Visionary ビジョナリーとは、「将来を見通した、想像力のある」などの意味を持つ言葉で、混迷を極める時代に風穴を開けて、明るく、爽やかに進んでいきたいという気持ちを込めて、ミントグリーンを選定したそうです。

では、選定理由となる3つのキーワードは?

<将来を見通した、想像力のある、独創的>

新しい価値観に基づいて、IT技術を駆使し、豊富な知識をシェア(共有)することによって20世紀型の産業構造を変えようという動きがおこっており、独創的な考えと、世界中とつながる行動力による新しい展望を象徴する色として、未来を感じさせる明るい光のようなビジョナリーミントを選定。

<爽やか、軽さ、透明感>

異なる業界、年齢、性別、民族の違いを超えてフラットにつながり、社会の課題を解決していく時代は、深い洞察力と、軽やかな行動力、風通しのよさが求められます。
透明感があり、爽やかなミントを思わせるビジョナリーミントは、未来に向かって軽やかに進む人々の気持ちを表す色です。

<きれいな空気と水>

気候変動はますます激しくなり、地球上の至る所で大きな自然災害が多発し、大気汚染が進み、人類が住める場所ではなくなる、加えて、核が拡散することによって、小さなミスが地球滅亡を引き起こす可能性があるといいます。
ビジョナリーミントは、私たちにとって欠かすことのできない、きれいな空気と水を象徴しています。

 

年の初めはやはり真新しいものを身に着けたい

2018年はこれを参考に服装や下着の色に取り入れても良いかもしれませんね。

ちなみに、ふんどしパンツのカラーバリエーションから選ぶなら、スカイタイプのジャパンブルーでしょうか。

ジャパンブルーは「青い空と碧い海」を表現して作られたものなんです。

気持ちも新たにスタートさせるためにも、年の初めはやはり真新しいものを身に着けたいもの。

お急ぎの方はお近くの販売店までどうぞ。

投稿者プロフィール

ふんどしパンツ
ふんどしパンツ
メガネ屋でもありパンツ屋でもあり・・・。
SS級認定眼鏡士として、時々「メガネプラザ」「グラスヒュッテ」というメガネ屋の売場にも立ってます。