毎日がつまらない人は、下着の色を変えてみよう!

生活に変化を求めている方は、まず、お手持ちの下着の色をチェックしてみましょう。

たかが色、されど色・・・たかがパンツ、されどパンツ。

直接肌に触れる下着は人から見えないという理由から、内面的な欲求を刺激する効果も期待でき、劇的に変えると視覚や皮膚に与える刺激も大きくなるそうです。

毎日がつまらない、今の生活を変えたいと思っている方は、まず着用する下着の色を変えてみてはいかがでしょうか。

 

色の影響力はとても大きい?

私自身なんとなく気分でその日に身に着けるネクタイやシャツを選んでいますが、自分が考えている以上に「色」の影響力って大きいのかもしれません。

例えば、ある会社は会議の内容によって、壁紙が「赤」「青」の会議室を使い分けているそうです。
活発な議論を促したい場合は「赤い」部屋、ブレインストーミング重視の場合は「青い」部屋。

米テキサス大学にて、色が生産性に与える影響を調査するため、被験者を3つのグループに分け、赤、白、水色それぞれの部屋で与えられた作業を同じように完成させる実験を行ったところ、赤色によって生産性が妨げられる傾向があり、白色の部屋では他の色の部屋より多くの作業ミスが見られ、水色は私たちに良い影響をもたらしたそうです。

「白は人の生産性を妨げるのにもかかわらず、ほとんどのオフィスが壁に白やオフホワイト、またはグレーを使っている。研究の中には、働く人の大多数が青や青緑色の環境を好むという結果も出ている。」

先日私が健康診断を受けた施設は一部に青色の照明を使用していましたし、以前は陸上のトラックといえば赤色(レンガ色)が主流でしたが(興奮を高める効果を期待してなのでしょうか)、最近では青色トラックが増えていますね。
青の鎮静効果→リラックス→集中力が高まる→良い記録・・・といったところでしょうか。

また、青は食欲を減退させる効果があると言われています。
私としては食事は味だけでなく、料理の色や匂いや環境など全て楽しみながら食べたいので、もしやるとしてもテーブルクロスや食器ぐらいまでにとどめておきたいのですが、徹底的にダイエットを考えているなら、メガネのレンズに青系のカラーを入れるのも一つの方法です。

逆に日頃食欲が落ちてきて元気も出ないという方はランチョンマットなどは赤や黄色系にすると良いらしいです。

照明も、黄色や赤色の成分の多い電球色に変えてみるのもいいですね。

 

だからパンツの色から変えてみよう!

このように、色による効果を期待してさまざまな場所や物が工夫改善されています。

私自身は『ふんどしパンツ』の事業部に携わる前から黒・紫・水色・黄緑・ピンクなど様々な色の下着を着用していたのですが、弊社の男性スタッフに聞いてみると、黒など地味な色ばかり・・・との回答が多く、少し意外でした。
ただ、大事なお客様をお招きするイベントを開催する時は『ふんどしぱんつ』の赤ビキニの着用率も上がるようで。
気合が入るんですって。

その時の気持ちで選ぶものが変わるんだから、逆もまた然り。

皆さん、ここぞというときには意識的に何かを変えると思いますが、日常のパンツまではなかなか気が回らないのではないでしょうか。

劇的に変えると視覚や皮膚に与える刺激も大きくなる。

たかが色、されど色。
たかがパンツ、されどパンツ。ですね。

さらに、基本的にパンツは隠れていて他人からは見えないものですし、見えないところに気を使っている方ってとってもオシャレ。

たまには思い切って派手な色のパンツをはいて、元気で楽しい毎日を過ごしましょう!

ふんどしパンツで毎日を楽しく

投稿者プロフィール

ふんどしパンツ
ふんどしパンツ
メガネ屋でもありパンツ屋でもあり・・・。
SS級認定眼鏡士として、時々「メガネプラザ」「グラスヒュッテ」というメガネ屋の売場にも立ってます。