ライバルなんだけど、親近感を覚えます・・・。

「類似品が雑誌に載ってたよー」

『ふんどしぱんつ』ファンのお客様がある雑誌を手に、メガネプラザの支店にご来店。

どうやら弊社のふんどしパンツと構造が非常に似ている商品の記事が某有名雑誌に掲載されていたそうで・・・。

わざわざこのことを伝えるためにお忙しい中お越しいただいたことが、本当に有難いやら嬉しいやら。涙が出ちゃいます。

雑誌を貸してくださり、店から本社の私の手元に到着。

確認すると、「マイパッケージ」というカナダのブランドが開発したパンツらしい。

国際特許を取得している「キーホール・コンフォート・テクノロジー」なるものを駆使して作られている・・・ですって。

『ふんどしパンツ』の内側はこんな感じなんですが、

なるほど・・・方向性は似ていますね。

「これは実際に穿いて確かめねば!」ということで早速商品検索。

ツートーンのシンプルタイプが3,800円で、柄ものが4,600円。価格設定もふんどしぱんつと同じ。

機能や素材を確かめるのが目的なんだからシンプルなものでいいじゃんと思いつつ、でも柄物はどれもオシャレでいい感じだしどうしよう。

どれにしようか迷う・・・なんてことは一切なく、やっぱり一番大きく写真が載っているカモ柄でしょ!と注文。

数日後、商品到着。

そして、箱から出してすぐにチェック。

触ると生地の質感がなんとも気持ちいいです。これはこの商品オリジナルのもので、主にモダールを使用しているらしい。

モダールとは、

オーストリアのレンチング社が作っている布地で登録商標でもあるレーヨンの一種。原材料にブナ材を使用し、パルプと同じ施設で生産することでエネルギーやその他の資源を無駄にしない生産方式で作られている環境にやさしい合成繊維。シルクのような滑らかさと吸湿・放湿性に優れている。

なるほど。

そして穿き心地はというと、「ん??大きい・・・」。

海外サイズのため普段よりワンサイズ小さめがいいと書いてあったけど、それでも少し大きい気がします。

ちなみに私は身長182㎝、68kg。やや筋肉質。

ふんどしパンツならLサイズを着用しているため、Mサイズを購入したのですが、これならSサイズでもいいかもっていう印象です。

ただ、逆にふんどしパンツは「普段よりワンサイズ大きめがいい」なんて言われることもあるので、サイズ感・着用感はなんとも言いづらいところです。

ただ、個人的には運動する時にブラブラしそうなので、もう少しタイトな方が好み。

『ふんどしパンツ』との違いですが、やはり風通しでしょうか。

ふんどしパンツはフロント部分の両サイドに通気を兼ねた開口部がありますし、ここから用を足すこともできるのですが、こちらの商品は上からしか出さなければならないのがふんどしぱんつに慣れた私にはちょっと面倒でした・・・。

それにしても、商品に込めた思いは一緒のはず。お互い世の中の男性方のために頑張りましょうねって、とても親近感を覚えます。

 

こちらの記事は2015年にアメブロに投稿したものを編集して再投稿したものですが、最近名古屋の百貨店さんでもマイパッケージさんの商品を見かけるようになってきました。

お店に足を運ぶと思わぬ様々な発見もあって、楽しいですよ。

投稿者プロフィール

ふんどしパンツ
ふんどしパンツ
メガネ屋でもありパンツ屋でもあり・・・。
SS級認定眼鏡士として、時々「メガネプラザ」「グラスヒュッテ」というメガネ屋の売場にも立ってます。