【補聴器】よくある質問「補聴器って、うるさいんじゃないの?」

当社には眼鏡事業部があり、愛知県と三重県で店舗展開しております。

もともとメガネ店のスタッフとして入社した私は、入社後SS級認定眼鏡士の資格も取得し、現在も店頭に立つ日ことがよくあります。

そんな中、メガネ店での取扱いアイテム「補聴器」についてよくお客様からいただく質問のひとつが、「補聴器って、うるさいんじゃないの?」。

そこで、今回はこの質問について書かせていただきます。

昔はそういうものもありました

昔はそういうものもあったとは思いますが、最近の補聴器は声と雑音を分けて雑音のみを抑えることが可能で高性能になり、より自然な聞こえになっています。

ただし、うるさいことが必ずしも悪いことだとは言えません。皆がうるさい音が自分はうるさくないと逆に不自然ですよね。

ある意味うるさく感じることも自然なことなのです。

いつのまにか感じられなくなった音を再び聞けるようになったお客様からお喜びのお声をいただくことも多くあります。

人とおしゃべりすることが億劫になってきたり、家族から「テレビの音が大きい」といつも指摘されイやな気持ちになったりしていませんか?

補聴器を装用することで、鳥のさえずりや川のせせらぎなど素敵な音を周囲の方と共有したり、コミュニケーションも円滑になることでしょう。

補聴器が認知症の予防や散歩・お出掛けなどご自身が今以上に日常を楽しむための一助になるなら、やはり装用すべきではないかと考えます。

補聴器をつければすぐに聞こえるようになるわけではありません

補聴器をつければすぐに聞こえるようになるだろうと思いがちですが、フィットさせるにはトレーニングが必要です。

その過程でうるさいと感じることはありますが、ずっと楽な状態だけでは聞こえるようになりません。

多少うるさいことにも我慢することも大切なのです。

まずは2~3か月、慣れるために販売店スタッフと一緒に頑張っていきましょう。

一日の使用時間が8時間以上が理想

補聴器は一日に8時間以上の装用が理想です。

その中で様々な音に慣れていくことで聞こえるようになっていきます。

短時間の装用では補聴器を通して入ってくる音に慣れることもできません。

同じく、1,2日使って調整→短時間装用→1,2日使って調整といった繰り返しではいつまで経っても脳が慣れないのでよろしくありません。

家に自分一人しかいない場合でもつける

前述したように一日8時間が目標となりますので、家に誰もいなくても装用しましょう。

ご自宅でお一人の場合、時計の音など単調な音に集中できるため、慣れるための第一段階として良い環境であることは間違いありません。

そもそも雑音って何だろう?

補聴器をご購入いただいた後、「雑音がうるさい」「雑音が気になる」とおっしゃるお客様は実際にいらっしゃいますが、そもそも「雑音」とは何でしょうか。

車の音、電車の音、お皿のガチャガチャ音、ハウリング、あるいは後ろや横から聞こえてくる周囲の人の声なのかもしれません。雑音という認識は人によって様々です。

補聴器には雑音抑制という機能もありますが、この場合の「雑音」とはずっと鳴っているノイズ(定常雑音といいます)を指します。

お客様が雑音下での使用で感じられるものなのか、突発音やハウリング、周囲の声なのかケースによって対処方法が異なりますので、より具体的にお聞かせいただければどんどんフィット感は向上していきます。

補聴器と上手く付き合っていくためにお願いしたいこと

お買い上げ後は定期的に購入店へご来店いただき、困っていることをお聞かせください。

しばらく使ってみたものの長時間つけられないぐらい負担を感じるのであれば装用可能な範囲で再調整してもらえます。慣れたらまたしっかり音を入れていきましょう。

ある程度の時間を十分使えているようなら状況に応じて調整できますので、まずは使用している環境を確認させてください。

補聴器にはデータログという機能が付いているものも多く、使用状況を使用環境別に表示することが可能です。

まとめ

補聴器を使えば元の聴力に戻るわけではありませんが、聴こえることで得られる喜びは数多くあるはずです。

また、語音弁別能が低下してしまうと「声は聞こえるけど、何を言っているのかがわからない」状態になるため、語音聴力を維持するためにも聞こえにくいまま長期間放置せず、早めに補聴器生活をスタートさせるのがおすすめです。

お客様の生活がより豊かになるためにどの販売店も親身にフォローしてくれると思いますので、店舗スタッフとともに頑張っていきましょう。

当社が運営しているメガネプラザでは2週間の試聴体験が可能です。

「最近聞こえが気になるな」という方はお気軽にご来店いただき、まずは現在の聴力チェックから始めてみませんか?

※メガネプラザ各店の情報はこちらから

いいね!フォローをお願いします!!

投稿者プロフィール

ふんどしパンツ
ふんどしパンツ
メガネ屋でもありパンツ屋でもあり・・・。
SS級認定眼鏡士として、時々「メガネプラザ」「グラスヒュッテ」というメガネ屋の売場にも立ってます。